• 対象
    自然性交による腟内射精が難しい方
  • 用途
    精液を腟に注入するセルフシリンジ法キット
  • カテゴリー
    一般医療機器(精液注入用子宮カテーテル)
  • 安心サポート
    生物学的試験実施済み
    生体適合性素材使用

タイミングエイドは、性機能障害(ED、射精障害、性交痛、性嫌悪等)により、自然性交によるタイミング法の実施が難しい二人が、性行為をせずに精液(精子)を採取し、腟に注入するために使用する医療機器です。
※セルフシリンジ法とは、シリンジ(注射器)とカテーテルを使用し精液を腟内に注入する方法です。

タイミングエイドの特徴
  • 精液を子宮口まで届けるための長さ
  • “挿入しやすさ”をサポートする滑らかなデザイン
  • シリンジの脱落を防ぎ、操作しやすい大きめのツバ
  • 採精操作をサポートする専用スタンド付き
  • 精液を子宮口まで届けるための長さ

    セルフシリンジ法で使用するカテーテルには、男性のペニスの代わりとして、子宮の入り口まで精液を届けるという大切な使命があります。女性の腟は管状の器官で、その奥は子宮頸管と呼ばれる細い管で子宮とつながっています。個人差はありますが、腟の長さ(腟口から子宮頚管まで)はおよそ7~10cmです。カテーテル先端が子宮口まで届くように、タイミングエイドのカテーテルのシャフト部は11cmの長さがあります。

  • “挿入しやすさ”をサポートする 滑らかなデザイン

    タイミングエイドは、“自分で挿入しやすいこと”を大切にしています。からだに優しい素材を使用するだけでなく、その形にもこだわりました。タイミングエイドのカテーテルは、先端が丸く、根元に向かって滑らかな流線形をしています。この形は、腟への挿入を容易にし、デリケートな腟や子宮口に過度な力がかからないよう配慮した結果です。また、シャフト部表面には微細な凹凸加工があります。これには触れたときのベタつき感や抵抗感を抑える働きがあります。

    女性にやさしい
  • シリンジの脱落を防ぎ、 操作しやすい大きめのツバ

    タイミングエイドのカテーテルは、シリンジ全体を包み込むようなデザインです。特徴的な大きなツバは、精液の入ったシリンジをしっかりホールドし、使用中の脱落や精液漏れを防ぎます。ツバを肉厚にすることで、爪が長く握力の弱い女性でも持ちやすく、慣れない姿勢で精液を押し出す操作をサポートします。

  • 採精操作をサポートする専用スタンド

    採取した精液をシリンジに移すとき、片手でシリンジを操作するには慣れが必要です。タイミングエイドには、セルフシリンジ法が初めての方でも操作しやすいように専用のスタンドが付属されています。この専用スタンドは採精容器を斜めに固定します。両手での採精操作を可能にするだけでなく、精液が底に集まるので無駄なく吸い取れるよう工夫されています。

タイミングエイドのご使用方法
  • 対象:
    タイミングエイドは、以下のような方を対象としています。
    • マスターベーションはできるが、腟内で射精できない方
    • 性交痛があり、ペニスの挿入がつらい方
    • 性交に対する嫌悪感がある方
    • 夫婦の生活サイクルの違いで時間を合わせにくい方
  • ステップ1:精液の採取
    • スタンドを折り目に沿って折り、三角形に組み立てます。
    • プラスチックの採精容器の中に精液を採取します。
    • スタンドの丸い穴に採精容器を傾けてはめ込みます。
  • ステップ2:精液の吸引
    • シリンジの先端を採精容器の底の角に集まった精液に浸けます。
    • シリンジの押し子をゆっくり引いて精液を吸引します。
  • ステップ3:シリンジとカテーテルの接続
    • シリンジを、ツバがカテーテルのツバに当たるまで挿し込みます。
    • シリンジのツバはカテーテルのツバと重なるようにします。
    • シリンジは筒の部分を持ってカテーテルに挿し込んでください。
    • カテーテルのツバを押し上げて、シリンジのツバと接続します。
  • ステップ4:精液の注入
    • 前かがみに膝を曲げた姿勢になりカテーテルを腟に挿入します。
    • カテーテルはシャフトを超えて腟に挿入しないようにします。
    • シリンジの押し子を押して精液を腟に注入します。
    • 精液を注入後は速やかにカテーテルを腟から抜き取ります。

    タイミングエイドは、厚生労働大臣が認可した一般医療機器(医療機器製造販売届出番号:14B2X00017000002)です。第二種医療機器製造販売業者として長年の実績がある相模ゴム工業株式会社が、医療機器の品質マネジメントシステムの国際規格であるISO13485に適合した工場で製造しています。

  • お問い合わせ
  • サガミショップへ